左腕のハードウェア障害についてのご報告

6月6日(土)に自転車でお散歩していた際に転倒し、左腕がクラッシュしました。 それにより、しばらくの間は右腕のみの片系運用となっておりました。

数日が経過しても左腕からのアラートが治まらない状態が続いたことから、病院に詳細なデバッグを依頼したところ、 ハードウェア障害(左肘頭骨折)が発覚しました。

対応

意識を運用から切り離しての修復作業全身麻酔下での手術)が行われました。
これにより、現在はハードウェア内部で障害個所をワイヤーで固定した仮復旧状態となっております。
(負荷をかけなければ、基本的な動作に支障はありません)

なお、完全な修復までには、もう2ヶ月ほど時間がかかる見込みです。

フォロワーの皆様には、ご心配をおかけいたしました。

今後について

自転車でお散歩する際、何らかの原因による転倒は避けられないものと考えております。 そのため、もし今後転倒した際にはしっかりと受け身の姿勢で無難にやり過ごすように対応するつもりです。

以上